電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(121/240)

哀愁のメヒコ −愛の序章− : サハラ テツヤ | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 哀愁のメヒコ −愛の序章−

著者: サハラ テツヤ  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 302
サイズ: 127×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook One
特記: 電子書籍の閲覧方法

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

何かが終わり、始まろうとしていた。

アカプルコ、カンクン、モンテタスコ・・・。
過去を清算するために訪れたメキシコの地で
日本にいる大切な女性に手紙を綴る。

それは、生きることの苦悩と喜びを
再認識するための心の旅路でもあった。

異国の歴史に思いを馳せ
今も心に残るかつての恋人たちとの
”幼い愛のかたち”を振り返る。

「みんな済んだことさ」と
優しく微笑みながら言えるようになった時
人は己の人生を首肯できるに相違ない。

著者のプロフィール

昭和21年1月1日生
昭和39年3月 千葉県立千葉東高等学校卒業
昭和40年4月 東洋大学第一部法学部法律学科入学 文学研究会在籍
昭和44年3月 同上 卒業
昭和50年頃  横浜作詞研究会「いちい在籍」 サハラテツヤ名で作品投稿掲載
昭和60年頃  建築設備関連の会社を設立・経営
現在 静岡県熱海市在住

主な作品にCD「サハラテツヤ作品集機彌饑辧嶌邏焚函Σ亮蠅紡るサハラテツヤのB級歌謡詩(詞)集」(ともにP&M music laboより)がある。

著者からの書籍PR

哀愁のメヒコ −愛の序章ー

アステカ・マヤ文明、近現代のメキシコ史を俯瞰しつつ、恋人にあてた手紙という形式で書かれた小説。
浄化された愛、自由、慈悲とは・・・。
旅行記・歴史書・愛の物語が盛り込まれた著者渾身の作品。
メキシコ旅行や海外旅行をお考えの人は是非一読を。

著者のブログ

  • (登録がありません)