重田 真幸の世界

重田真幸 : 重田 真幸の世界

ログイン 又は 会員登録
会員登録
電子ブックの閲覧について
会員登録をせずに紙書籍を購入する
書店内キーワード検索
書店内 ジャンル一覧
書店内 著者PR文検索
はじめてのお客様へ
GET ADOBE FLASH PLAYER
GET ADOBE READER
重田真幸

重田真幸 略歴

1971年 東京都に生まれる
1977年 杉並美術研究所(東京都)入門
1995年 日本大学文理学部史学科卒業
2000年 YAMATE美術セミナー入門
坂下広吉・美智子 両氏に師事、ウイーン美術アカデミー由来の古典技法を学ぶ
2005年 GALLARY千年池(横浜)にて個展
2010年 京都市に移住
2011年 第36回公募昭和美術会展(於京都市美術館)出品 画題「和楽」入選
2012年 第37回公募昭和美術会展(於京都市美術館)出品 画題「月夜の庭園」入選
  会友に推挙される。
以降、2017年まで毎年出品
2012年 昭和美術会京都支部小品展(於ギャラリー カト・京都寺町)出品
  以降、2017年まで毎年出品
2013年 第38回公募昭和美術会展(於京都市美術館)出品 画題「進化と適応」会友奨励賞受賞
2013年 ベアーズジェムコレクションHPバーナーイラスト担当 以後、2017年まで連載
2016年 昭和美術会 会員推挙される

テンペラと油彩による混合技法で具象による心象絵画を制作。光とそこに存在する美しさを精緻かつ繊細、また明快な色彩で表現することをテーマに現在に至る。