電子書籍とオンデマンド本で出版が手軽に出来る!!
電子書籍とオンデマンド本で出版が手軽に出来る!!
電子書籍と紙書籍を同時に作れますので販売先の展開が豊富です。

(1)レイアウト、扉作成、頁組、目次作成、ページ番号作成等を含む編集作業、(2)誤字、脱字、表記の統一、助詞の使い方などの校正作業、(3)表紙デザインなどの装丁、(4)著者校正(基本3回まで)および修正作業、(5)ISBN(国際標準図書番号)付与、(6)BookWayでの販売掲載費用(電子書籍化、データ維持管理、販売管理を含む)、(7)国立国会図書館への納本、(8)Amazonや書店での紙書籍販売(注文販売のみ)を含めて160,000円(税別)~で行います。出版申し込みフォームより必要事項を送信いただきましたら、審査の上、出版いたします。出版に際しましては、「著作物利用許諾及び出版契約」または「著作物利用許諾及び販売委託契約」を締結いたします。


電子書籍と紙書籍の両方で販売

電子書籍と紙書籍の両方での販売を行います。従来の書店流通の方法でしたら予め2,000冊程の紙書籍を製作しておかなければなりませんが、BookWayでは注文を受けてから必要部数を製作いたしますので在庫が不要です。自費出版の場合に必要とされていた書籍製作費の著者負担がありません。
電子書籍として流通させたい場合は、一般的には出版社より紙書籍として出版された本を新たに電子書籍として販売するケースか紙書籍と同時に電子書籍を出版していますので、いずれの場合も紙書籍の製作費用負担があります。BookWayはそれがありませんので出版費用を抑えることができています。さらにしっかりとした編集データであれば編集費用もかからないのです。

Amazonでの紙書籍販売について

Amazonでは1冊からでも書籍を販売できますので、オンデマンド印刷で少部数の書籍を製作して、Amazon販売ルートへ載せることができます。書店流通では専門書はあまり店頭に置いてもらえない状況があることを考慮しますとAmazonでの販売が非常に有効と思われます。詳しくは【Amazonでの販売方法】をご参照ください。

他店での電子書籍販売について(オプション)

また、BookWayは電子書籍取次店と「デジタルコンテンツ利用許諾基本契約」を締結していますので、Kindleストア、楽天kobo、Apple iBookstore他多数の電子書店での販売が可能となっています。詳しくは【他電子書店への配信】をご参照ください。