電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(109/186)

学級愉快供 舛らり、ほろり、しんみり、今伝えたい涙の実話〜 : 松村 二美 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 学級愉快供 舛らり、ほろり、しんみり、今伝えたい涙の実話〜

著者: 松村 二美  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 244
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

いつも元気で忙しく、子供たちが大好きな著者は、恩師に憧れて教師になった。教育に全てを捧げた己の経験を世の中に伝えることが、自分にできる最後の務めだと信じて始めた執筆活動。それは教え子たちとの約束でもあった。

いま学校生活を送る子供たちや、彼らを見守るご家族、現場で奮闘する先生方に向けて書かれた数々のメッセージが胸を打つ。明るい未来につながる教育とはなにか。心に残る温かい思い出をもつことが、人を幸せにするのかもしれない。

著者のプロフィール

松村 二美

1947年奈良県桜井市に生まれる。
奈良県の小学校教員となる。
結婚後、東京都へ。4人の子供を育てながら、小学校の教員を続ける。
特別活動の研究を続け、東京都特別活動研究会学級活動部部長となる。
また、東京都教育委員会の任命を受け、特別活動の研究員・開発委員として研究を続ける。
文京区や江東区の新規採用教員の宿泊研修の講師、都立教育研究所で特別活動の研修会の講師などを務める。
その後、目黒区立月光原小学校の副校長となり、2008年、江東区立豊洲小学校副校長で定年退職。