電子ブック|詳細画面
カテゴリ:ビジネス・経済・経営(25/32)

管理会計論の進化 : 樋口 浩義 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 管理会計論の進化

著者: 樋口 浩義  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: ビジネス・経済・経営
ページ数: 140
サイズ: B5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

今日の管理会計論は、企業外部の環境変化の影響を受け、様々な問題を抱えてその領域を拡大しつつある。
これまでわたくしも、標準原価計算、 直接原価計算、予算管理問題、会計情報システム、ABC(活動基準原価計算)、品質原価計算、ライフサイクル・コスティング、原価企画等の問題を企業環境と会計機能との関連から論じてきたが、それらの問題を論じる中で、企業外部の環境と会計について、経済学と同様なアプローチで把握を試みたり、あるいは経営戦略論を直接的に援用した結果、複式簿記の論理や従来の管理会計の技術と無関連に議論されている問題を指摘してきた。
しかしながら、最近になり、管理会計の分野においてもこのことを十分に意識しているとはいえないが、進化論を援用して企業外部の環境と管理会計の技術との関連を考えていこうとする所説も見受けられるようになった。
そこで、本書においては、最近において管理会計の研究方法に再検討が加えられ、進化論が援用され、大きく展開しているところに注目し、その点を批判的に分析しながら、自分なりの管理会計論の進化論的アプローチを展開した。すなわち、今日ある会計の様々な問題も過去から未来へ進化していく過程にある問題であると考えるに至ったのである。そして、そのことを明らかにすることによって、現在、われわれが何をなすべきかが、明らかになると考えるに至ったのである。
ただし、このように管理会計の進化を考えていく上でも、管理会計だけではなく、とりわけ財務会計との関連を含めた企業会計総体との関係を検討していくことが、重要であると考えた。
とりわけ、わたくしは、管理会計は財務会計と一体のものとして考えてきている。さらに、そのような研究方法を採用していく場合、会計の中心となる概念として、会計機能及び会計規範の存在を考えねばならないと至った。
すなわち、会計(企業会計)は、企業外部との関連を保ちながら、会計機能を進化させながら進化してきたものと考えられるのである。また、その過程において、商法や会計原則等の会計規範との関係を形成してきたものと考えている。
このように学会における研究動向を考慮すれば、とりわけ、現時点において本書が学会において貢献する役割は大きいものとわたくしは考える。

著者のプロフィール

武蔵大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得後退学
水戸短期大学元教授
現在、浦和大学講師(非常勤)・筑波学院大学講師(非常勤)
日本会計研究学会会員
日本原価計算研究学会会員
進化経済学会会員
JAGA(公会計改革ネットワーク)会員
ヨーロッパ会計学会(EAA)会員