電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(126/166)

湖の尼僧 狭霧 : 葦子 東 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 湖の尼僧 狭霧

著者: 葦子 東  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 116
サイズ: 128×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

著者が、高畠華宵の絵「銀鱗」に出会ったとき、伝説は物語となって動き始めた―。

近江に残された美しい尼僧と人魚の兄妹の伝説。
それは高野山ともつながり、それぞれの地には人魚のミイラや墓までもが現存している。

著者のプロフィール

1952年讃岐生まれ。近江在住。

四国出身の華宵の人魚絵、間接に空海が関わる近江の人魚伝説など、運命にも似た巡り合わせを感じながら、初めて物語を書く。

著者からの書籍PR

(登録がありません)

著者のブログ

  • (登録がありません)