電子ブック|詳細画面
カテゴリ:医学・歯学・薬学・看護・福祉(24/31)

新!断糖宣言 : 荒木 裕、本多 裕里 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 新!断糖宣言

著者: 荒木 裕、本多 裕里  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 医学・歯学・薬学・看護・福祉
ページ数: 236
サイズ: 127×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

『体調不良も肥満も生活習慣病も糖(炭水化物)が原因だった!』『カロリー制限で糖尿病は治らない!』『必須アミノ酸と必須脂肪酸はあるが「必須炭水化物」はない!』糖を断てば、心も体も元気になる!!これまでの常識を覆す、目からウロコの荒木医師の断糖理論のすべて。

米ハーバート大学でガンを研究し得た知識を基に、主食という考えをやめ、肉・魚などのタンパク質を中心とし、不要なカロリーを摂らない断糖(糖質カット食)理論がわかりやすく書かれています。

なぜ現代の生活では糖が余分なの?なぜカロリーオフの食事ではいけないの?断糖食とはどういう食事なの?体に本当に必要な食事とは?
実際のメニューや体験談なども掲載し、読みやすく実践しやすい「健康になるための食事とは何か」が書かれています。

著者のプロフィール

荒木 裕(あらき ひろし)

1934年京都府生まれ。
1967年京都大学医学部大学院卒業後、大阪北野病院勤務。その後、ハーバード大学附属小児病院脳神経外科研修医、ハーバード大学医学部臨床栄養学部助教授、アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員、サウスカロライナ大学医学部勤務を経て、1983年加古川市に崇高クリニックを開業。
アメリカではガンについて研究し、その研究を基に肉・魚などのタンパク質を中心とし、不要なカロリーを摂らない断糖(糖質カット食)理論を提唱している。

著書に「薬もインスリンもやめられた!新しい糖尿病治療」「肉食健康ダイエット」「インスリンも薬もやめられた!すごい糖尿病治療」「肉食ダイエット」「うつ」は炭水化物をやめれば薬なしでよくなる」「ガンを自宅の食事で治す法」がある。この他DVDも発売中。


本多 裕里(ほんだ ゆり)

有限会社ローカーボ食品研究所代表取締役。
1976年生まれ。自身も断糖食を実践しつつ、荒木院長とともに断糖食材や断糖食メニューの開発。また断糖食や運動を指導したり、料理教室を開催するなど普及に努めている。