学術書・テキストブックの出版
学術研究出版 : 学術書・テキストブックの出版
ログイン 又は 会員登録
会員登録
電子ブックの閲覧について
会員登録をせずに紙書籍を購入する
書店内キーワード検索
はじめてのお客様へ
GET ADOBE FLASH PLAYER
GET ADOBE READER
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
電子ブック|詳細画面
カテゴリ:社会科学一般(1/6)

Excelによるデータ分析入門 : 前田一貴・平井裕久・後藤晃範 | BookWay書店 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: Excelによるデータ分析入門

著者: 前田一貴・平井裕久・後藤晃範  書店: BookWay書店 学術研究出版 

カテゴリー: 社会科学一般
ページ数: 130
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種
※紙書籍の本文は全てモノクロです。

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

「はしがき」より

本書は,経済・経営を学ぶために少なくとも必要となるデータ分析の基礎について,文系出身の学生にも理解しやすいように書かれています.基礎的な内容について出来るだけ平易な説明を行い,Excelの利用により演習形式で理解を深められるようにしています.したがって,独学を考えている学生や社会人の利用はもちろん,Excelを用いたデータ分析の演習講義でのテキストとしても利用できます.

昨今,“ビッグデータ”という言葉が紙面などを賑わせています.世の中には,様々な種類で膨大な量のデータが溢れ,そのデータをどうやって収集,分析し,どのように利用するのか.これに応えるために,データ分析の知識が必要となる場面は増えています.その中でも,経済学や経営学では特にデータ分析による考察の重要性は高まっています.

本書は,まず「第1部イントロダクション」で,データ分析をおこなう際のExcelの基本的な操作方法を説明しています.「第2部記述統計」では,データの傾向を掴むために,データをグラフなどで視覚的に表し,その特性についてデータの中心(平均)と広がり(分散)により把握します.またデータ間の相関関係についても説明します.「第3部推測統計」では,データの因果関係から回帰分析をおこないます.また仮説をデータにより裏付ける仮説検定についても説明します.「第4部総合演習」では,「第2部記述統計」と「第3部推測統計」のそれぞれに対応した総合演習問題を挙げています.これらの演習問題からデータ分析の意味を知り,利用出来るスキルを修得することで,少しでもデータ分析に興味を持つきっかけになることを願っています.

著者のプロフィール

前田一貴(まえだ かずき)
  理化学研究所 特別研究員
  高崎経済大学経済学部 非常勤講師

平井裕久(ひらい ひろひさ)
  高崎経済大学経済学部 教授

後藤晃範(ごとう あきのり)
  大阪学院大学経営学部 准教授