電子ブック|詳細画面
カテゴリ:芸術・芸能・語学(46/62)

準動詞の表す時制から見た英文解釈法 : 赤池 孝至 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 準動詞の表す時制から見た英文解釈法

著者: 赤池 孝至  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 芸術・芸能・語学
ページ数: 104
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

動詞には、それが表す動作や状態の「時」(いつ行われるのか、いつの状態なのか)が必ず存在する。よって、動詞と「時」の関係は意味の上で非常に強く結びついていて、正しく英文を理解するためには文中にある動詞の「時」を知ることが重要になってくる。

一般動詞の場合、過去形、現在形・・・のように、動詞の形が変化することで「時」を表しているため、簡単にそれを知ることができるが、準動詞と呼ばれるto不定詞と動名詞は、動詞により構成されて「動き」を表すにもかかわらず、「時」によって形が変化しないため、一見しただけではその「時」を知ることができない。

そこで、この原稿は、本質的な単語の意味からある法則を導きだし、それに基づいて準動詞の「時」を図を用いながら正しく知り、英文を理解していくことを目的としている。

著者のプロフィール

金沢大学卒業。薬剤師。
イギリス及びオーストラリアに留学して英語を学ぶ。