電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(207/207)

龍人症 〜ドラゴニュート 覚醒編〜 : 空色 零 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 龍人症 〜ドラゴニュート 覚醒編〜

著者: 空色 零  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 148
サイズ: 127×188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

主人公は幼い頃から心臓の痛みに苦しんでいた。
何処の病院へ行こうと、どんな検査をしようと、
心臓には欠陥が見つからなかった。
その痛みは気を失うほどの痛みだったが隠していた。
両親は仕事へ海外へ行き、彼はひとりで日本に残った。

一方、全裸で心臓を刺されて殺される事件が起こり始めた。
それを追う刑事、逃げる犯人。
犯人は心臓コレクターなのか? 
それとも…。

心臓の痛み、それは封印されし人ではないものの力。

主人公は本当の自分に今目覚める。

著者のプロフィール

空色 零 (そらいろ れい)
神奈川県小田原市に生まれる。
2003年9月頃から書き始める。
脳内に浮かぶ独自の世界観から作品を創り上げていくためか「ワールドクリエイタ―」を名乗っている。
また、無類の洗車好きから「洗車ニスト」を名乗る変り者である。

著書に「真鶴道路殺人事件」「腐っちゃう!」「ヨンキュー」
「シリウスから来た男」(文芸社)がある。

電子出版として「ゼンダー」「夏のかほり」「黒猫」「華蜜は血の香り」「羽根の無い蝶」「-sen- (せん)」「氷のこころ」「王の証」「おソース」「風景」「きぬえ」「龍人症 〜ドラゴニュート 覚醒編〜」「あの空の彼方で 〜ごめん、約束は守れなかった〜」「ルルド 〜そのチカラ、使ってはいけない〜」「月光」等(BookWay)がある。

著者からの書籍PR

人ではない強大な力に憧れるのは私だけなのでしょうか?
龍(ドラゴン)は本当に想像の生物なのでしょうか?
そんな疑問が本作品です。
◆不可解な殺人事件、全裸で心臓喪失。
 それを解明しようとする刑事。
◆ドラゴンに変身できる青年。
◆ドラゴンを倒している女。
三人の視点からスリリングな展開が待っております。
そして壮大なストーリーにつながっていく。
「こんな世界を破壊したい」という願望と
予言に隠された謎。
その謎は続編にて明らかになる。
とにかく長編の作品です。
ああ、結末を考えるだけでワクワクします。

著者のブログ

  • (登録がありません)