電子ブック|詳細画面
カテゴリ:研究・ノンフィクション(16/74)

おおいたの貝 大分県産貝類目録・図譜〈第4版〉 : 霤 保 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: おおいたの貝 大分県産貝類目録・図譜〈第4版〉

著者: 霤 保  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 研究・ノンフィクション
ページ数: 260
サイズ: A4

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

この本に記載された貝類は大分県とその近海で採取された種類で、
海や汽水域に生息する貝類(サンゴノホソヒモ類1種・ヒザラガイ類22種・腹足類1564種・アメフラシ類10種・フシエラガイ類2種・ウミウシ類63種・二枚貝類452種・ツノガイ類12種)陸貝類135種・淡水に生息する巻貝類22種、淡水に生息する二枚貝類9種、イカ類13種、タコ類7種となっている。
軟体動物の総数は2312種になる。

本書発行2008年12月

著者のプロフィール

霤帖(檗 覆呂泙澄,燭發帖
1937年 大分市生石港町生まれ
1955年 大分県立大分工業高等学校・電気通信科卒業
1988年 株式会社・大分放送定年退社
1999年 (財)大分県マリンカルチャーセンター・学芸指導員委嘱
日本貝類学会・九州貝類談話会・大分生物談話会 在籍

著者からの書籍PR

約40年間、大分県内全域を回り2200種以上の貝類(軟体動物)が判明した。
本書では採集できたすべての貝類を掲載することにし、採集海域・採集地・主たる市町村名を記載した。
この目録が後進の方たちに少しでも役に立てばと思い、本書の制作を始めた。時代と共に消えていった貝類の記録も掲載されている。
貝類の採集と同定(種名をつけること)は非常に難しく、ここまでやれたのは多くの友人の協力とお知恵を受けたからで、自分ひとりの力ではない。
厚く感謝の意を表します。

著者のブログ

  • (登録がありません)