電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(173/211)

百年後の未来に起こる、異星からの襲来者 SF 無情の木石「食肉種」 : かしわぎ 凛章 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 百年後の未来に起こる、異星からの襲来者 SF 無情の木石「食肉種」

著者: かしわぎ 凛章  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 107
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: PC用はAeroBrowser、iPad,iPhone,Android用はActiBook
特記: リーディングソフトでの読み取りが可能となるように、電子ブック版はオンデマンド本と異なり横書きとなっております。オンデマンド本のページ数は144頁です。ご購入の際は立ち読みでご確認ください。
Android対応機種

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

この物語は、独身の桐生雅人が未来で体験する、SF短編小説である。
会社に出勤中、エレベータ内で地震、オートストップした中でサプライズ。
やがて、ドンドンと上昇して行く非常識がコンシャスネス(意識)を混乱させた。
チィーンと言う軽やかな音とともにエレベータは開いた。
タイムスリップしてしまった眼前で見たものはいったいなんだったのだろうか?
そして、過去に帰る事も許されず、幾度も自問自答しながら苦悩し続ける、桐生雅人。
そこに現れたのは、敵か味方か人間ではない容貌の未来型ロボットのアンドロイドだった。
果たして雅人とともに、地球人は侵略者から地球を守ることが出来るのであろうか?

著者のプロフィール

壮大な宇宙や、ファンタジーに魅了され、SF・ファンタジーを、書き続けている。
1949年生まれ。A型。
ペンネーム・かしわぎ凛章(りんしょう)

著者からの書籍PR

SF 無情の木石「食肉種」
宇宙は無限であり、人間の想像しえない知的生命体が生存していても、
なんの不思議もない。
この物語に登場するエイリアンは、獰猛で不気味な姿や要望をしている。
未来である日突然、地球に襲来し、人類を捕食し始めた。
この時代に、現代からタイムスリップしてしまった若者が居た。
その名は桐生雅人、彼は物語内では人類とともに、
地球をエイリアンから守るために活躍する。
だが、地球のその後はどうなって行くのであろうか?
この物語は飽くまでもイマジネーション(想像)の世界である。
しかし、世界情勢は報道等で判るように日ごとに悪化している。
まるで、地球は「悪のカルマ」に覆いつくされているようだ。
私は願いたい【一人一人の純粋な誠の愛の力】で、
地球が滅びる前に宇宙の超文明からの想像さえもつかない、
救援のミラクルパワーに、人々が出合う事が出来る事を。

著者のブログ

  • (登録がありません)