紙の本は書店流通、電子書籍は当サイトで
風詠社eBooks : 紙の本は書店流通、電子書籍は当サイトで
ログイン 又は 会員登録
会員登録
電子ブックの閲覧について
会員登録をせずに紙書籍を購入する
書店内キーワード検索
はじめてのお客様へ
電子ブック|詳細画面
カテゴリ:旅行記、ガイドブック(3/5)

上海駐在員が歩いた中国 : 大谷 和男 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 上海駐在員が歩いた中国

著者: 大谷 和男  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 旅行記、ガイドブック
ページ数: 194
サイズ: A5

特記:

電子書籍(839円)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めください。

書籍形式








 


本の要約

中国進出企業の駐在員として3年3ヵ月、上海に住んだ著者は登山家としての顔も持つ。四川省や青海省での登山や、戦争中の日本軍の痕跡、上海周辺の水郷地帯の情景や中国社会の今を記録。

著者のプロフィール

大谷和男(おおたにかずお)

1960年、広島市に生まれる。
主に関東地方に育ち、大学時代に北海道特に知床に魅せられ、
社会人となり、関東地方から北海道の山を目指す登山を開始する。
ライフワークは知床から千島列島、カムチャッカ半島。埼玉県深谷山岳会所属。仕事は化学会社(昭和高分子)の技術者。2005年1月〜2008年4月まで上海に赴任。上海滞在中に中国を知る。
著書に『千島列島の山を目指して』がある。