電子ブック|詳細画面
カテゴリ:法律・社会科学・心理・教育(20/58)

アートグラフィー 芸術家/研究者/教育者として生きる探求の技法 : 笠原 広一、リタ・L・アーウィン | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: アートグラフィー 芸術家/研究者/教育者として生きる探求の技法

著者: 笠原 広一、リタ・L・アーウィン  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 法律・社会科学・心理・教育
ページ数: 370
サイズ: A5

書籍形式








 


本の要約

アートグラフィー(a/r/tography)は,カナダの美術教育研究者,リタ・L・アーウィンが提唱する,アートとリサーチと教育への関わりを通した「生きる探求」の技法/理論である。A/r/tは,アートに加え芸術家(Artist)/研究者(Researcher)/教育者(Teacher)を意味し,多面的アイデンティティの混淆を表す。さらにA/r/tに“graphy”(記述)が加わり,アートベースのハイブリッドな探求技法となる。自己と社会の“あいだ”にアート/リサーチ/教育を通して新たな可能性を模索する人々に送る一冊。

第1章 アートグラフィーへの生成
第2章 アートグラフィー −換喩的混淆−
第3章 実践に基づく研究としてのアートグラフィー
第4章 アートとテキストを通した生きる探求としてのアートグラフィー
第5章 アートグラフィーの実践コミュニティー
第6章 実践上でアートグラフィーを辿る −可能性から潜在力へ−
第7章 カリキュラム実践における“視/界(In/Sight)”の折り拡がりの美学に向けて
第8章 研究と創造 −リッチゲート・プロジェクトにおけるソーシャリィ・エンゲイジド・アート−
第9章 不思議な体験の創出を探求する −中学校美術科でのアートグラフィー実践モデル−
第10章 ウォーキング・アート −芸術教育者としての自分を支えること−
第11章 アートグラフィーを通した生成,動いている物語と自伝
第12章 「ほんとの空」を見つけに −ふくしまをめぐるアートグラフィックな探求−
第13章 俳優・ファシリテーター・研究者の間で生きる
第14章 北九州での展示“くろい雨は2回ふったの?”を巡って−戦中体験者たちとの交流から生まれた作品群について−
第15章 創造と飛躍のあいだをめぐる探求
第16章 書くことについて
第17章 マッピング・アートグラフィー 東京ウォーキング

著者のプロフィール

[編著者]
笠原広一(編者・監訳者)
東京学芸大学 教育学部 准教授
美術教育が専門で,アート・ワークショップ,幼児の美術教育,A/r/tography(アートグラフィー)やArts-Based Research(アートベース・リサーチ:ABR)の研究に取り組んでいる。『子どものワークショップと体験理解:感性的視点からの実践研究のアプローチ』(単著, 2017),『アートがひらく保育と子ども理解:多様な子どもの姿と表現の共有を目指して』(編著,2019)他がある。

リタ・L・アーウィン(Rita L. Irwin)(編者)
ブリティッシュコロンビア大学 カリキュラム教育学部 特別栄誉教授
美術教育が専門で,アートグラフィー(A/r/tography)と呼ばれる芸術に基づく教育研究(Arts-Based Educational Research)で知られる。国際美術教育学会(InSEA)およびカナダ教育研究学会前会長,芸術教育世界連盟(WAAE)のプレジデンシャルフォーラム主催など,指導的役割を多数歴任。主著に,A/r/tography: Rendering self through arts-based living inquiry. (2004).,Being with A/r/tography, (2007)., Provoking the Field: International Perspectives on Visual Arts PhDs in Education, (2019). 他多数。

[執筆者(担当章順)]
リタ・L・アーウィン (ブリティッシュコロンビア大学)(序文, 第1〜8, 10〜11章)
笠原広一 (東京学芸大学)(まえがき, 第12, 17章, あとがき)
ステファニー・スプリンゲイ (トロント大学)(第3章)
シルビア・カインド (キャピラノ大学)(第4章)
ヴァレリー・トリッグス (レジーナ大学)(第6, 10章)
ドナル・オドノヒュー (ブリティッシュコロンビア大学)(第6章)
ルース・ビアー (エミリー・カー美術大学)(第8章)
キット・グラウアー (ブリティッシュコロンビア大学)(第8章)
グー・ション (ブリティッシュコロンビア大学・マルチメディアアーティスト)(第8章)
ニコール・ポーター (美術教育者)(第9章)
カール・レッゴ (ブリティッシュコロンビア大学・詩人)(第10章)
ナタリー・ルブラン (ビクトリア大学)(第11章)
サラ・フローレンス・デイビッドソン (フレーザーバレー大学)(第11章)
ジー・ヨン・リュウ (音楽教育者)(第11章)
高尾 隆 (東京学芸大学)(第13章)
春野修二 (北九州市立教育センター指導主事)(第14章)
中村翔太郎 (東京都公立小学校教諭)(第15章)
直江俊雄 (筑波大学)(第16章)
共同執筆 笠原広一, 貴 栄, 周永閣, 和展丞, 鄭 珊, 仁科太一, 石井紗輝, 田嶋渓, 庄司理瀬(第17章)

[翻訳者]
笠原広一 (東京学芸大学)(第1〜3, 5, 7〜10章)
佐藤真帆 (千葉大学)(第6章)
森本 謙 (ブリティッシュコロンビア大学大学院博士課程)(第4, 11章)