電子ブック|詳細画面
カテゴリ:自然科学一般(29/29)

身近なエネルギーを正しく理解するための入門講座 地球温暖化対応版 : 村井 正治 | 学術研究出版





電子ブック|詳細画面

タイトル: 身近なエネルギーを正しく理解するための入門講座 地球温暖化対応版

著者: 村井 正治  書店: 学術研究出版 

カテゴリー: 自然科学一般
ページ数: 126
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook One
特記: 電子書籍の閲覧方法

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

私たちが普段から身近に接しているエネルギーというものについて、大多数の皆さんは「そんなことはよく知っているよ」と表面的に装っておられるようだと感じています。
ただ、他人から「ちょっと教えてくれないか」と問われたくはない、という複雑な気持ちが心の片隅に宿っていないでしょうか。
現実にわが国の最高レベルの素養を持っておられる人たちでも、ごく初歩的な勘違いをしていたために巨額の損害を出してしまったという例もあるようですし、海外の人々に「日本の科学レベルってこの程度なの」と思われないためにも、この心の片隅の複雑な気持ちを消し去っていただきたいと念願しています。
そこで他人に知られることなく対応していただけるように、ごく初歩的な内容の教科書を作成してみました。

著者のプロフィール

1941年生まれ
山口県岩国市出身
東京工業大学大学院修士課程修了
総合化学会社で石油化学分野を担当(技術評価と経済性評価が得意)
電力会社で燃料電池の開発を担当
退職後はLED開発企業に勤務
2011年頃からエネルギー関連の説明資料の作成を開始
官庁・自治体や大企業の公表資料の技術的な誤りの指摘多数

著者からの書籍PR

小さな峠を越えただけで急に視界が広がったという経験はありませんか。その時の感動をエネルギーというものの理解に応用することをお勧めします。
ある程度は分かっている積りだが十分な自信がもてないという方は、ぜひ一度、ベッドに寝そべるなど気楽な気持でご一読ください。
学問とは縁遠い内容ですが、身近なエネルギーを正しく理解をするためには十分なものになっているはずです。
もし、分かりにくいという箇所がございましたらご一報いただけませんか。責任をもって追加説明をさせていただきます。

著者のブログ

  • (登録がありません)