電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(108/223)

剣道に学ぶ : 栗原 正治 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 剣道に学ぶ

著者: 栗原 正治  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 208
サイズ: B6


※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

「第一編 不立文字」においては、「剣道の理念」、「理合」、「充実した気勢」、「目付」等、剣道における難解な言葉を新たな解釈を加え、平易な言葉で分かり易く解説しています。
「第二編 美しき剣道を求めて」においては、「涼しい構え」、「溜め」、「基本に戻る」といった美しき剣道への入り口から解説が始まります。「打突」を一旦「構える」、「攻める」、「溜める」、「打つ」、「残心」という過程に微分し、再度「静」から「動」への爆発的移行に積分して、美しい見事な有効打突の一本に仕上げる過程も解説します。特に、「打突直前の機」の取り方を、「先をとる」、「打突の機会」、「いつ打つか」という観点から述べますが、ここは剣道における最も大切な過程であり、特に「溜める(静)」から「打つ(動)」への爆発的移行を美しく体現し、「美しい剣道」を求める道標を示しました。また、本編で一貫しているのは、打ち方だけではなく、打つ直前、打つ瞬間の心構えまでを解説しています。

著者のプロフィール

著者略歴
栗原 正治(昭和23年1月5日生 東京都出身)
昭和45年3月 早稲田大学卒(地球科学専攻)
技術士(応用理学)
剣道教士八段

● 職 歴
昭和45年4月 日本鉱業(株)(現JXTGホールディングス)入社
昭和49年4月〜昭和51年3月 (特)動力炉核燃料開発事業団出向
昭和56年4月〜昭和61年3月 (特)新エネルギー総合開発機構(NEDO)出向
平成4年7月〜平成7年7月 (財)LPガス振興センター出向
平成14年4月〜平成24年1月 日鉱ドリリング(株)(現JX金属探開(株))
取締役、代表取締役社長、取締役会長、顧問を歴任し退職

● 剣道指導歴
昭和62年〜平成6年 早稲田大学剣道部助監督、監督
平成21年〜現在  早稲田大学剣道部師範

● 剣道団体役員歴
平成24年〜平成27年 全日本剣道連盟評議員
平成16年〜平成23年 全日本学生剣道連盟理事、代表理事
平成12年〜現在 関東学生剣道連盟常任理事、副会長
平成12年〜現在 東京都学生剣道クラブ評議員、副会長
平成30年〜現在 巣鴨学園剣友会会長

● 剣 歴
昭和41年 大分国体優勝、全日本学生優勝大会3位
昭和42年 関東学生選手権大会優勝
昭和44年 早稲田大学剣道部主将、東京都剣道大会優勝
昭和48年 世界選手権(米国)大会出場
昭和49年 茨城国体準優勝
昭和59年 全日本実業団大会準優勝、済寧館100周年記念天覧試合出場
平成7年 パリ大会優勝
平成9年 全日本実業団高壮年大会3位
平成10年 全日本実業団高壮年大会準優勝
平成15年 剣道八段昇段

著者からの書籍PR

この本には、ある剣道塾で塾生とともに美しい剣道を求めて修業し10年以上にわたり書き留めておいたこと、早稲田大学で10年間の師範を経験しながら学びさらに考察を加えたことが書かれてあります。言葉には表しにくい「剣道」をできるだけ平易な言葉で表現いたしました。特に、「昇段審査の心掛け」の章では、強く美しい剣道が纏められており、昇段審査を受審される方々にはきっと参考になると思います。また、「技」についてはいくつかの写真を載せましたが、ARの表示のある写真ではスマートホンで動画を見ることもできます。新しい試みとしてお楽しみください。

著者のブログ

  • (登録がありません)