電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(140/203)

愛永遠物語 第4巻 : くぬぎ 幹生 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 愛永遠物語 第4巻

著者: くぬぎ 幹生  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 256
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

ショートショートの作品集(掌編小説・超短編小説も含む。)で、恋、恋愛、人間愛等、全体的には広い意味の愛にも関連する作品を網羅する。恋愛小説の非常に短い作品も多数ある。また、この種のごく短い作品としては、内容的に従来にない新しい作品として捉えられるものも含まれる。
文学であるがその根底には、人間は如何に生きるべきかという哲学的思索も存在し、短い作品でありながら、感動や驚きの面で、軽い一片の読み物として終わるのではなく、短編・中篇・長編小説と同様に、読者の心に深く刻まれ一生涯残るような作品を目指して作られている。
第4巻も、1話、また1話――と、時を忘れるように楽しんで読める作品と思われる。

著者のプロフィール

1957年、三重県生まれ
三重大学大学院教育学研究科修了
著書:『オオクワガタ物語』(新風舎、1999年出版)
『愛永遠物語』〈第1巻〉(発売元 ブックウェイ 2017年10月17日発行)
『愛永遠物語』〈第2巻〉(発売元 ブックウェイ 2018年1月22日発行)
『愛永遠物語』〈第3巻〉(発売元 ブックウェイ 2018年4月18日発行)

著者からの書籍PR

ショートショート等、ごく短い作品も、紙書籍として読むというこれまでのスタイルに加え、現代は、スマートフォンや電子ブックリーダー等があることにより、これらを電子書籍として画面に映し出して読むことができる時代になりました。これは、この種のごく短い作品にとっては画期的なことです。それは、携帯可能なそれらを通して、日常のちょっと空いた時間に呼び出して読むことがしやすい文学作品といえば、そのちょっとした時間にその一話が読み切れてしまうようなこのような作品が最適です。
日常誰もが持つちょっと空いた時間に、人間にとっての一大関心事の恋、恋愛、愛等に関係することが内容の『愛永遠物語』_第4巻_の各一話一話を読む楽しさをぜひ味わって頂き、それによりさらに出版された他巻の各作品もと、そういうふうに読まれることを願っています。

著者のブログ

  • (登録がありません)