紙の本は書店流通、電子書籍は当サイトで
風詠社eBooks : 紙の本は書店流通、電子書籍は当サイトで
ログイン 又は 会員登録
会員登録
書籍登録申込み
電子ブックの閲覧について
会員登録をせずに紙書籍を購入する
書店内キーワード検索
はじめてのお客様へ
GET ADOBE FLASH PLAYER
GET ADOBE READER
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
電子ブック|詳細画面
カテゴリ:旅行記、ガイドブック(6/7)

熟年行動派 初めてのヨーロッパ一人旅 : 狹間 秀夫 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 熟年行動派 初めてのヨーロッパ一人旅

著者: 狹間 秀夫  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 旅行記、ガイドブック
ページ数: 258
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

ヨーロッパに魅せられて、自分の足で町や村を歩いてみたい、という気持ちを抑え切れなくなり、一人旅に旅立ったのは五十三歳の時でした。言葉は、ただ単語を並べるだけの片言英語で、全く自信はありませんでした。経済面でも時間の点でも余裕のない、“ないない尽くし”の旅でしたが、これを機にますますヨーロッパに惹かれ、以後一年一度のヨーロッパ歩きが定期的に十七年続くことになりました。今もそれは続いています。

小学六年生で終戦を迎え、まともな歴史教育を受けなかった私が世界史に興味を抱くようになり、歴史のみならず旅を通していろいろなことを教えられました。その私にとっては記念すべき《初めてのヨーロッパ一人旅》と十五年ぶりにその地を再訪した《センチメンタル ジャーニー》他二編をまとめたのがこの旅日記です。

私の独断と偏見に基づく“独り言”のようなものではありますが、 “熟年の一人旅”ってどんなものかと興味をお持ちの方、歳を取って言葉に自信がないけれどこれから旅をという方にも、文字の上で旅を疑似体験しようという方にも、ヨーロッパが好きな方にも、読んでもらえればと願っています。

著者のプロフィール

1934年 大阪市生まれ 兵庫県宝塚市在住
1957年 関西学院大学卒業後、同族が経営する会社に勤務
1975年 書店開業
1987年 一人旅中心のヨーロッパ個人旅行を開始。以後一年に一度、約2週間のヨーロッパ歩きを2011年まで続ける。

著書
『熟年行動派 ヨーロッパ片言の旅』(2001年、文芸社)
『熟年行動派 初めてのヨーロッパ一人旅』(2005年、文芸社)
『101日間世界一周 飛鳥兇料ノ后戞2008年、牧歌舎)
『ヨーロッパひとコマの旅』(2011年、牧歌舎)
『後期高齢者 四国遍路を歩いてみれば』(2016年、風詠社)