電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(137/199)

愛永遠物語 第3巻 : くぬぎ 幹生 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 愛永遠物語 第3巻

著者: くぬぎ 幹生  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 256
サイズ: A5

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

※iOSやAndroidのタブレット等で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリが必要です。
詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式









 


本の要約

ショートショートの作品集(掌編小説・超短編小説も含む。)で、恋、恋愛、人間愛、人生への愛、真理への愛等に関連する作品を網羅する。恋愛小説の非常に短い作品といえるものも多数ある。

登場人物は主に男女2人に絞り、洗練された文章で広い意味での愛に含まれることをテーマにした物語を展開させれば、非常に短い中にも、キラリと光る作品が生まれ得るという思いで作られている。

第3巻も涙あり・感動あり・笑いありの、1話1話、時を忘れるように楽しんで読める作品と思われる。

著者のプロフィール

1957年、三重県生まれ
三重大学大学院教育学研究科修了

著書:
『オオクワガタ物語』(新風舎、1999年出版)
『愛永遠物語』〈第1巻〉(発売元 ブックウェイ 2017年10月17日発行)
『愛永遠物語』〈第2巻〉(発売元 ブックウェイ 2018年1月22日発行)

著者からの書籍PR

ドラマが生まれる場面は、多くの人間がいる社会の中から生まれる場合が多いことは確かです。しかし、主に男女2人であっても、日頃日常の2人の出会いや生活の中の、その言動の中には、恋愛や愛等に関するさまざまなドラマが生まれ得る素地がいっぱい含まれています。そしてまた、その会話の中には、人生の英知や真理につながるキラリと光る言葉が含まれていることもあります。
非常に短い作品であるからこそ、そんなところをうまく拾い上げて、その男女一人一人のその一言(ひとこと)一言(ひとこと)を大切にすることで、深い感動の含まれた作品を目指して創作しました。
『愛永遠物語』第3巻の各作品の中にも、そのような言葉の織り成す、永遠に心の中に刻まれるドラマを感じ取って頂けたら幸いです。

著者のブログ

  • (登録がありません)