電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(詩・短歌・俳句)(17/28)

日本の水 癒やしの風景をうたう : 池田 節子 | 風詠社eBooks





電子ブック|詳細画面

タイトル: 日本の水 癒やしの風景をうたう

著者: 池田 節子  書店: 風詠社eBooks 

カテゴリー: 文芸(詩・短歌・俳句)
ページ数: 36
サイズ: A4

特記:

電子書籍(1,100円 税込)は BookWay コンテン堂店 でお買い求めいただけます。

書籍形式








 


本の要約

作者が生まれ育った豊橋や、仕事で通った浜名湖女河浦、たびたび訪れる大滝湧水群、写真教室の撮影で散策した都内近郊の水辺など、1月から12月に分けて水をテーマに撮影した季節の写真と、その風景から浮かぶ句や短歌を書で表現した作品集。
撮影した写真に作者の心象風景を表した歌が添えられることで、見慣れた風景も時間と場所を越えて特別な景色に変わります。

著者のプロフィール

東京都在住。
70歳を前に終業し、家族の問題も一段落して自由になった。さあこれからどう過ごそうかと考えていたところ、地域のシルバー人材センターのチラシに写真教室があるのを見つけた。
夫が買った一眼レフのデジカメが使われていなかったので勿体ないと思い、代わりに私が使いこなそうと教室に入会した。
1年後、教室の写真展で写真俳句を見て触発され、俳句を始めた。季語に困ると短歌にした。1年半後にはコロナ禍で教室が休みになり、時間が出来たので作品の整理をして書にした。全て自己満足の世界ではあるが、今が一番楽しい。

著者からの書籍PR

本作りのきっかけはコロナ前のこと。通院する機会が増えるたび
どの待合室も暗く感じ、診察を待つ人が明るい気分になれる本を自分で創ってみようと思い立ちました。この先はプロフィールに書いたまま。

誰にでもわかる写真を載せ 情景は日本のうたの形にして言葉を編み、余白を多くとって想像の余地を残しました。
活字とは異なる筆と墨の文字の強さと、全体には懐かしさを感じられるように取り組んでいます。

今はこれで精一杯ですが、出来上がった本には大満足。私の実力以上の編集と期待以上の写真の美しさ・クオリティの高さに仕上げてくれた風詠社様、小野高速印刷様に感謝です。

また、私が初めて買った電子書籍がこの本です。購入を決めてから、慣れぬ手続きに3週間を要し、やっと「購入する」を押したら即入手。速っ!
初めて見た感想はくっきり きれい。ただ1ページずつしか読めないので、写真とうた(書)を見開きで見せたい私の本には 電子書籍は不向きだと思いました。
ところが数日後、偶然iPadが横向きになった時、見開きで見られることがわかり感動しました。電子書籍は価格が安いのも魅力です。

この本は病院の待合室に置きたいと思って作り始めました。紙の本が必要な人の所に届く事を願っています。プレゼントに使ってみませんか。
本作りにあたって自分が一番楽しみました。次は皆様の元で愛され、育ちますように。

著者のブログ

  •