電子ブック|詳細画面
カテゴリ:文芸(小説・エッセイ・評論)(123/211)

家族 ―必然の連鎖― : 大羽 武 | BookWay書店





電子ブック|詳細画面

タイトル: 家族 ―必然の連鎖―

著者: 大羽 武  書店: BookWay書店 

カテゴリー: 文芸(小説・エッセイ・評論)
ページ数: 334
サイズ: 127 x 188

電子書籍 対応機器: pcipadiphoneandroid
形式: ActiBook
特記: Android対応機種

この本は『イチローは金属バットを持たなかった』と内容が同じで改題したものです。

※iOSやAndroidの端末で電子書籍をご覧いただくには、専用アプリ(無償)が必要な場合があります。詳しくは、こちらのご案内をご確認ください。

書籍形式








 


本の要約

昭和55(1980)年に起きた金属バット殺人事件は世間に大きな衝撃を与えた。だが、平成9(1997)年の神戸児童殺傷事件は、金属バット殺人事件でさえ「牧歌的」と思わせるほどの衝撃を与えた。14歳の中学生が11歳の小学生を殺害し、切断した頭部を中学校の正門に置き、その口に世間、警察を嘲弄(ちょうろう)する声明文をくわえさせるという、前代未聞の事件である。

それから、精神科医や心理学者にとっても、不可解な、10代の少年少女による事件が次々と起きた。佐賀の17歳の少年による西鉄バスジャック事件、長崎では小六少女による同級生殺害事件があり、奈良では高一少年による自宅放火殺人事件、福島では高三少年が母親を殺害し、切断した母親の首をバッグに入れて警察に自首するという事件、さらに長崎の小六少女の事件から10年後、平成26年7月、同じ佐世保で高一少女が同級生を殺害し、遺体の解剖を試みる事件が起きた。

このような少年少女の心の闇は、最初は何らかのシグナルを伴って生き物虐待あるいは非行、家庭内暴力として発露する。問題の発生は家庭の中にあり、また問題の発生を予防する方法も家庭の中に存在するのである。いくら学校で「命の尊さ」を教えても、決して無駄ではないが、事件の発生を防ぐことは不可能である。

著者のプロフィール

大羽 武(おおば たけし)

1943年福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部卒、九州大学大学院文学研究科博士後期課程中退。九州大学文学部助手、宮崎医科大学講師、助教授、大学院教授。現在、宮崎大学名誉教授。

著書に『医学・歯学・薬学・看護学生のための独英和総合ドイツ語』(同学社)、『独英和医学用例大辞典』(共編、朝日出版社)、電子書籍として『甲子園2連覇 -夏の甲子園大会12勝0敗 5試合連続45イニング無失点 甲子園の土を最初に持ち帰った球児 平成25年野球殿堂入り・福嶋一雄-』(BookWay)、『家族 -必然の連鎖-』(BookWay)
などがある。